まつげ美容液であるルミガンを使用するとまつげが伸びる、と言われていますが、それは主成分として含まれているビマトプロストが大きく関係しています。ルミガンのビマトプロストについて当サイトを是非ご覧ください。

  • ホーム
  • ルミガンでまつ毛貧毛症改善

ルミガンでまつ毛貧毛症改善

目がきれいな女性

まつ毛が薄かったり短かったりして悩んでいる方(特に女性)は多いと思いますが、まつ毛を濃くする薬があることをご存じでしょうか。
この薬はルミガンといい、本来は緑内障治療薬ですが、副作用としてまつ毛の発毛促進作用があり、現在ではまつ毛育毛剤としても使われている薬です。

ルミガンは眼圧を低下させることで緑内障の進行を抑える薬なのですが、同時に皮膚の様々な細胞を活性化させる作用があります。
そして活性化される細胞にはまつ毛の毛根も含まれており、ルミガンをまつ毛の根元に塗るとまつ毛が太く、長くなります。
その結果、まつ毛が濃くなるわけです。
副作用を利用するというのは不安だと感じる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。
最近厚生労働省に認可を受けたまつ毛貧毛症治療薬にグラッシュビスタという薬があるのですが、ルミガンの有効成分はこの薬とまったく同じだからです。
グラッシュビスタは処方薬でしかも保険がききませんが、ルミガンはネットでの購入が可能なので割安です。

なおルミガンを緑内障治療薬として使用する場合は点眼しますが、まつ毛を濃くするために使う場合はブラシを使ってまつ毛の根元に塗ります。
間違って目に入れてしまってもたいした副作用はありませんが、処方薬としても使われる薬なので、目に入ったら一応洗い流した方が良いでしょう。

それと気をつけるべきなのは、必ず上のまつ毛の根元だけに塗るようにし、下のまぶたには塗らないことです。
実はルミガンには皮膚に色素を沈着させるという副作用があり、この症状は特に下のまぶたに出やすいのです。
そのため下のまぶたに塗ると、目元が黒ずんで隈になってしまいます。
まつ毛が濃くなっても、目元に隈ができたのでは台無しなので、薬剤がまぶたに付着したときはすぐに洗い流すようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧